トップ  >  タオル両頭機

タオル用両縁自動縫製機(ボーダー部両縁カット装置付)

型番

RT-2000

仕様

適応タオル幅:280mm〜1000mm
縫製速度:
RT-2000CW (2・3本針) 最大11m/分
RT-2000CE (1本針上下送り) 最大14m/分
RT-2000CL (1本針)    最大18m/分

特長

1.ボーダーカット装置
●ボーダー部縫製時には、センサーがボーダー柄を検知し、縁部分をカットしながら縫い上げますので、ボーダー部分が膨れることなく、均一に仕上がります。
(タオルによってはボーダー部縫製時に若干スピードを落とすことで、より美しく縫い上ります。)
●ボーダー部カットの他、両縁の不要な糸なども連続カットします。
カットされた部分はブロワーにより吸引されます。
●ボーダー部の切込み量は0〜12mmまで調整出来ます。

2.縫製スピードコントロール
●ボリューム操作ひとつでミシン速度に応じた引ローラーと送りローラーが変速する為、縫製速度の調整が簡単に行えます。

3.原反備蓄部
●原反備蓄部で、原反パケット内のタオルがなくなると、次のタオルを継ぎ易くする為、備蓄されたタオルが少し戻されます。

4.糸切れ検出器
●各糸ごとにスイッチがあり、ランプ表示で左右どちらのミシンの糸が切れたかを表示します。

タオル両頭機

PAGE TOP

PAGE TOP